金沢工業大学 佐野渉二研究室 since 2017

Kanazawa Institute of Technology, Sano Lab. since 2017


ニューストピック

2017.10.10:
  佐野研究室に 3年生12名が配属されました。

2017.10.8:
  日本設計工学会 2017年度秋季大会研究発表講演会(2017年10月8日,新居浜工業高等専門学校)で以下の発表をしました。

  • 藤本 雅則,平本 督太郎,瀬戸 雅宏,花岡 大伸,金野 武司,柳橋 秀幸,佐野 渉二,松本 重男,佐藤 恵一: 親しみのある科学にするための体験講座(小学生低学年向け)-身近な物で製作した探偵ツールにより遊びながら学ぶ-

2017.9.19:
  金沢工業大学工学部情報工学科のプロジェクトデザインⅢ 中間報告会で佐野研究室の学生も参加し、ポスター発表をしました。

2017.8.31:
  佐野 (教員) が 日本工学教育協会 第65回工学教育研究講演会(2017年8月29日~31日, 東京都市大学)で発表しました。

  • 佐野 渉二,松本 重男: PBL のためのチーム活動情報共有システムの開発

2017.7.16:
  金沢工業大学オープンキャンパス・八束穂キャンパス(情報工学科)見学ツアー(2017年7月15日~16日)での説明に佐野研究室学生も参加しました。

2017.6.3:
  佐野 (教員) がえふえむ・エヌ・ワンの「キャンパスアメニティ」に出演しました。

2017.4.1:
  日本学術振興会 科学研究費助成事業 若手研究(B)「マルチモーダル・マルチユースに対応した実世界コンピューティング環境の構築」が採択されました。

2017.2.28:
  情報処理学会 高度交通システムとスマートコミュニティ研究会(ITS)(2017年2月28日~3月1日, 公立はこだて未来大学)で発表しました。

  • 平田 圭二,鈴木 恵二,野田 五十樹,落合 純一,金森 亮,松舘 渉,中島 秀之,佐野 渉二,白石 陽,松原 仁: 完全自動リアルタイムフルデマンド交通システムSAV向けプラットフォームの設計と実装

2016.12.24:
  Ubiquitous Wearable Workshop2016(2016年12月23日~24日, 神戸大学)で松下(B3)、宮入(B3)、佐野(教員)が発表しました。

  • 松下 大晃佐野 渉二: 取り付けるモノに応じて動作が変わるデバイス Chameleon のための動作切り換え手法の検討
  • 宮入 瞭太佐野 渉二: 光学シースルー型ヘッドマウントディスプレイのための直接ポインティング手法
  • 佐野 渉二: ヒトをさりげなく支援するシステムの実現

2016.12.16:
  佐野研究室 忘年会を行いました。

2016.10.10:
  佐野研究室に3年生10名が配属されました。

メンバー(氏名・写真をクリックすると詳細情報)

教員

4年 (50音順)


藤田 真由
(Mayu Fujita)

3年 (50音順)


大家 広己
(Hiroki Ohya)

片桐 優希
(Yuhki Katagiri)

衣川 蓮哉
(Renya Kinugawa)

小林 正
(Tadashi Kobayashi)

齋藤 諒太
(Ryota Saito)

外山 侑志
(Yuji Toyama)

西野 陸
(Riku Nishino)

波瀬 未佳子
(Mikako Hase)

矢吹 拓登
(Takuto Yabuki)

山田 望都
(Moto Yamada)

吉澤 祐平
(Yuhei Yoshizawa)

和田 知己
(Kazuki Wada)

研究内容

当研究室では、以下のキーワードを基に研究を行います(これ以外にもできる範囲で行います)。

  • ウェアラブルコンピューティング(Wearable Computing)
  • ユビキタスコンピューティング (Ubiquitous Computing)
  • エンターテインメントコンピューティング(Entertainment Computing)
  • ヒューマンコンピュータインタラクション(Human Computer Interaction)
  • デマンド応答型公共交通システム(Demand Responsive Transportation System)

※ 具体的な研究内容については、対外発表をした後に追記します。

研究業績

最新の研究業績5件(これ以外は「研究業績一覧」ページへ)

    [全国大会]
    藤本 雅則,平本 督太郎,瀬戸 雅宏,花岡 大伸,金野 武司,柳橋 秀幸,佐野 渉二,松本 重男,佐藤 恵一: 親しみのある科学にするための体験講座(小学生低学年向け)-身近な物で製作した探偵ツールにより遊びながら学ぶ- 日本設計工学会 2017年度秋季大会研究発表講演会,No. A09,pp.19-20 (2017年10月)
    [全国大会]
    佐野 渉二,松本 重男: PBL のためのチーム活動情報共有システムの開発, 日本工学教育協会 第65回工学教育研究講演会講演論文集, Vol. 65,No. 3D17,pp. 484-485 (2017年8月)
    [国内研究会]
    平田 圭二,鈴木 恵二,野田 五十樹,落合 純一,金森 亮,松舘 渉,中島 秀之,佐野 渉二,白石 陽,松原 仁: 完全自動リアルタイムフルデマンド交通システムSAV向けプラットフォームの設計と実装, 情報処理学会研究報告 (高度交通システムとスマートコミュニティ研究会 2017-ITS-68) Vol. 2017-ITS-68,No. 1,pp. 1-6 (2017年2月)
    [国内研究会]
    宮入 瞭太佐野 渉二: 光学シースルー型ヘッドマウントディスプレイのための直接ポインティング手法, ユビキタスウェアラブルワークショップ2016,p. 19 (2016年12月)
    [国内研究会]
    松下 大晃佐野 渉二: 取り付けるモノに応じて動作が変わるデバイス Chameleon のための動作切り換え手法の検討, ユビキタスウェアラブルワークショップ2016,p. 18 (2016年12月)
研究業績一覧はこちら

佐野研究室への配属を考えている 3年生へ

佐野研究室では、ウェアラブル・ユビキタス・エンターテインメントコンピューティングをキーワードに、 実世界でのコンピュータの新しい使用方法、新しい価値観を探求しています。

研究室の雰囲気は学生により決まるので、3年生が配属してみないと分からない部分がありますが、

  • へんな研究室 (個性あふれて、際立っている)
  • アクティブな研究室(研究活動以外もさまざまなことを行う)
  • 賑やかな研究室(研究室に多くの学生が集まっている)

を目指します。

こんな学生に来てほしい

  やる気があって、物事を一所懸命におこなう人

※ 現時点での知識・スキルはあったほうがよいですが、それほど重要視はしません。

(プログラムが書けなくてもよいが、書けるようになりたいという意欲は必要)

研究室での活動により、知識・技能(プログラミングスキルなど)を向上させたい人を応援したい。

配属したいと考えているのであれば、一度、話を聞きに来ることをお薦めします。(要メール連絡

連絡先・アクセス

連絡先

当研究室へのご用件については、下記のメールアドレス宛にご連絡お願いいたします。

佐野(教員)がお応えいたします。

スパム対策のため、メールアドレスを画像で表示しています。

      

住所

〒924-0838

石川県白山市八束穂3-1 石川ソフトリサーチパーク内

   情報フロンティア研究所 67号館203号室 佐野研究室

アクセス

   本学WEBページ やつかほリサーチキャンパス でご確認お願いします。